840万画素4K撮影のドライブレコーダー GP-4K

Driveman GP-4K(ジーピーヨンケイ)高解像度4Kモデル(SONYセンサー)

ドライブマンシリーズの最高峰ドライブレコーダーGP-4K

2021年夏モデル

■4K映像の利用アドバイス

○4Kで記録された映像はWindows標準では再生出来ない場合があります。別途ご自身のパソコンに4K対応コーデックのインストールが必要です。(k-liteコーデックパック)

○ファイルサイズも大きいので高速大容量SDが必要です。

  
ドライブマンシリーズの最高峰4Kモデル登場!
  • 多彩な撮影解像度。
    超高画質3840x2170の4K、1440のQHD、1080のフルハイビジョン、長時間撮影に向いた720のハイビジョンといった多彩な撮影モード。
  • オプションのセカンドカメラを付けると前後撮影も可能。
    ※セカンドカメラの撮影モードは1080と720のみ。
  • 液晶モニター搭載。
    撮影中の液晶画面には時計や映像の表示が可能。
  • フロントは840万画素のSONY製高解像度4Kセンサー採用で夜にも強い高画質。
    ※ナンバーの読み取りは明るさや速度、距離など撮影環境に
    左右されます。
  • 全国LED信号の同期消失現象に対策済み。
  • Wifi接続機能搭載。
    フリーの接続アプリ「ROADCAM」を使うとスマホ側からコントロール可能。撮影映像の観覧や解像度の変更、SDフォーマットなど。
    ※アプリのバージョンとスマホの性能によって出来る操作は限られます。Wifiオン時はショックセンサーは反応しません。駐車監視時はWifi接続はしませんが、再起動後にWifiオンになります。
    ※弊社アプリではありませんので個人の責任においてご利用下さい。説明等も行っておりません。
  • 倒立撮影可能。逆さまに撮影出来ますので、本体を逆さまに設置した場合に便利です。通常・セキュリティいずれも倒立します。
  • セキュリティモード搭載。(特許の駐車監視機能)
    初期設定の3時間監視でも7分程度に圧縮された動画になりますので、再生すると早送り映像になります。本体や再生ソフト上で一時停止しコマ送りでご確認下さい。
    さらにカスタム設定で駐車撮影時間やコマ数の変更も可能。
    「駐車監視の起動と設定について」
    ・マニュアル設定はエンジンオフ後いったん電源が落ちます。必要に応じて手動で電源ボタンを押せば3時間1秒1コマ撮りの駐車監視を開始します。
    ・オート設定はエンジンオフで自動で3時間1秒1コマ撮りの駐車監視を開始します。
    ・カスタム設定はエンジンオフで自動で予め設定した内容の駐車監視を開始します。
    ・1fpsはファイル圧縮されるため音声はありません。
    ・5fpsはファイル圧縮されず音声は記録されます。
  • GP-4K専用の電圧監視型電源コードDCDC23付属
    駐車録画開始15分後から監視を始め、バッテリーが約12Vより低下すると自動的に電源を切断しますので、録画の電力消費が原因のバッテリー上がりを防止します。
    ※12V車の場合。24V車は24V
    ※電圧検知による停止を通知する機能はありません。
    そのため保守忘れによるバッテリー上がりは保護出来ませんので日常点検は欠かさず行って下さい。
    ※走行時は電圧変動が大きいので監視しておりません。
    ■GP-1用電源コードをすでにお使いの場合。
    ※TYPE-Cコネクタのため従来のGP-1のDCDC4電源コードは利用出来ませんが、変換プラグ(M2C)を使用すると1カメラのみで利用可能となります。
     セカンドカメラを接続して2カメラ同時録画は従来の電源コードでは電力供給が足りないため、正常に動作いたしません。
  • オプションのシグナルケーブルセット(DCDC23-4PIN版)で映像にブレーキ操作やウインカー操作の記録も可能。
  • 衝撃で映像を保護するGセンサー内蔵。
    設定はOFFとロー、ミディアム、ハイの3段階。
    保護ファイルの属性はRAです。SD内の一定の割合で保護映像を残しますが、古い保護映像は上書きされます。
    ※体感の振動と検知する振動は異なりますので、必要に応じて手動で保護させる事が出来ます。
  • GPS情報をnmeaファイルに記録しますので、Windowsパソコンで弊社MAPビューワーを使えば地図と軌跡を連動して表示できます。
    ※GPSの位置情報には元々誤差がございます。起動時は衛星情報の初期化のため反映に15分程度かかります。
  • 撮影映像はHDMI経由でTVでも見る事が出来ます。
    ※セットには4K用HDMIケーブルは付属しませんので、必要に応じて別途お求め下さい。
  • 起動時のロゴをオリジナルに入れ替える事が可能。
    ※所定のファイルが必要です。お問い合わせ下さい。
  • パソコンで4K映像を見る場合、パソコンが対応している必要があります。標準の再生アプリや映画アプリで見る事が出来ない場合、k-liteコーデックパックをインストールして下さい。
  • SDに録画。SDHCは8GB~32GB、SDXCは128GBまで対応。
    ※希にエラーを起こしやすいSDがありますので、他のSDに変えて下さい。
  • SDが挿入されて無いと電源が落ちますので、SDを入れてエンジンを掛け直して下さい。
  • 4K
  • Wifi
  • GPS
  • Gsensor
  • SDXC
  • AUTOREC
  • SECURITY
  • TV
  • JPEG
  • PLfilter
    ※オプション
  • リアカメラ
    ※オプション
  • 操作記録
    ※オプション



録画時間は初期ロット。衝撃検知保護の分も含む。なお、改善のため変わる場合があります。






※シグナルケーブルセットの電源はDCDC23の4PIN版です。通常のスタンダードセットのDCDC23はType-Cです。
若干違いますので、お求めの際はご注意下さい。
DCDC4からの変換アダプタ
GP-1等のDCDC4電源をお使いの場合、別売りの変換アダプタを使う事で4Kモード以外の録画動作なら利用可能です。

【使用上のご注意】
●すべての状況において映像の記録を保証するものではありません。
●故障や使用によって生じた損害、および記録された映像やデータの損傷、破損による損害については、弊社は一切その責任を負いません。
●撮影映像は事故の証拠として、効力を保証するものではありません。
●事故後、ドライブレコーダーにSDを入れたまま録画を継続してしまうと、肝心な映像が上書きで消えてしまう場合があります。放置しないで電源を切ってから、SDを大切に保管するようご注意下さい。
●録画時間はファーム更新などで変わる場合があります。
●GPSは衛星の仕様上、位置精度に誤差がございます。高い精度が要求されるナビ等と違い、内蔵GPSは補正を行っておりません。予めご理解下さいませ。
●フロントガラスが電波を通さないガラス(熱反射ガラスや断熱ガラス)の場合GPSの受信感度が低下します。
●取扱説明書に従って正しく取付けしてください。誤った取付けは、製品の故障や誤動作の原因となります。
●電圧監視で駐車監視が止まった場合、速やかにバッテリーの保守をしないでそのまま乗ると上がる恐れがあります。
乗車前の点検を忘れずに行いましょう。
●LED式信号機は点滅して撮影される場合や色の識別ができない場合があります。それにより発生した損害については弊社は一切責任を負いません。
●被写体や周辺環境、SD劣化などの要因により、記録可能時間は変化します。
●音声、映像など録画品質に関しては性能上の限界や外的要因の影響もあり、ご期待に沿えない場合もございます。
●分解する事は絶対にお止めください。一切の保証が受けられなくなります。
●安定しごて使用いただくために、SDカードは定期的にフォーマットを行うことをおすすめします。
●SDカードは消耗品です。寿命がありますので定期的な交換をおすすめします。
                   
セット内容
GP-4K-STD-DCDC(スタンダードセット):本体、可変ブラケット、専用車載電源ケーブル(DCDC23)、SDカード
GP-4K-STD-CSA(スタンダードセット):本体、可変ブラケット、専用シガー電源アダプタ(CSA6)、SDカード
利用可能なオプション品(セットによっては同梱されています)
D-PLF-1 PL(偏向)フィルター 現行モデル汎用
SCS 業務車両向けシグナルケーブルセット(DCDC23-4ピン版 GP-4K対応
DCDC23 GP-4K電源ケーブル(Type-C) GP-4K対応
720ROT-SC 可変型吸盤ブラケット 汎用
720ROTBR 可変型ブラケット 汎用
RC-4 GP-4K用セカンドカメラ+6mカメラケーブル GP-4K対応
BS-AC-9 GP-4K対応ACアダプター+USBケーブル(Type-C) BS-9bでも利用可能
※汎用は、生産終了のモデルを含む。現行モデル用は720α+/1080sα/GP-1。TW系やBS系は除く。
製品比較表

DOWNLOAD