DRIVEMAN720S INFORMATION
720sタイトル
info_page
DRIVEMAN720S INFORMATION
ドライブマン720sとは

特許の新技術採用。

■ドライブマン720sは人気の720を改良したモデルです。
○エンジン停止後に、約3時間セキュリティモードが動作。
○ACアダプターを使ったインターバルカメラ機能。
○720sの採用技術は特許認定されています。

セキュリティモードのドライブレコーダー
免責事項:全てのトラブルの記録を保証するものではありません。
タイムラプス機能。ACアダプタで録画時間の変更

使い方は工夫次第


720sの基本性能
(720/720s/720psの基本性能は共通です)
LED信号機が消えない
従来のドライブレコーダーの問題点である、LED式の交通信号機が同期して数秒消える問題を独自のフレームレートで解消しています。
※LED式信号機はその特性として点滅して撮影される場合や、色の識別ができない場合があります。それにより発生した損害については一切責任を負いません。

■ファイルギャップの解消
常時録画のため、映像はH.264 MOV方式で5分ファイルに区切って撮影順に多数のファイルで記録されます。
従来技術ではファイルとファイルの書き込みギャップが1〜2秒必要でしたが、
この問題を新技術で解決しギャップは0.05秒以下としました。

 ※1.5秒のギャップは時速60キロの場合、25mも進みます。
   0.05秒なら60キロの場合、0.8m。


■ハイビジョン映像。
ドライブマンを自動車から外し、HDMIケーブルで家庭のハイビジョン対応テレビに繋ぐと、再生が高画質で楽しめます。
※接続方法はテレビの説明書(外部入力)をご覧下さい。
※電源は付属の専用ACアダプターをご利用下さい。
※PCでの観覧を保証する製品ではありません。

■非常に広角(107度)で、フロントガラスに広がる鮮やかな風景を記録!

ACアダプタでインターバル撮影(タイムラプス撮影)が可能。

詳細
■エンドレスで上書き録画。
※5分単位のファイルに分割保存し、容量一杯になった時点から上書き。
■映像記録はSDHCカードに保存されます。
※上限32GBまで。
※古い映像は上書きされますので、重量な映像は別途保存して下さい。
※カードの寿命が来ると本体が不具合を起こしますので、新品に交換して下さい。
※但しカード品質によりますので、高品質のカードをご利用下さい。
  低品質や寿命の場合、動作が遅くなったり、動作しないなどの症状があります。
  付属品以外の記録カードをご使用の場合の誤動作は保証対象外です。
■FCC準拠の電波対策済みです。
※ノイズゼロという意味ではありません。
※電源ケーブルは地デジなどのアンテナ線から離して下さい。
■日付、時刻表示。オンオフ可能。
○映像への時計記録のオンオフが可能。※ドライブモード時
○音声記録のオンオフが可能。※ドライブモード時
※録画ビュー表示時に十字キーを操作して下さい。
■電池発火を起因とする火災防止の為、スーパーキャパシタを採用した安全設計。
※電池は非搭載のため、自動車を1週間以上使わないと時計が初期状態になります。
※時計の制度は月差5分程度の誤差があります。
■電源が切れた場合は、最後の録画を保存し自動で停止致します。
■付属の両面テープと装着用ブラケットでフロントガラスに固定します。
■電源はsモデル専用車載電源ケーブルが付属します。
バッテリー常時電源(赤)、ACC(橙)、マイナス(黒)の3芯タイプです。

※配線間違いは故障の元です、装着はディーラーにご依頼下さい。
※整備士によっては赤をACCに、橙を常時に、誤って繋げる場合があります。動作が怪しい場合、その点をご確認下さい。
故障時に脱着費用が発生しても保証外です。
■インターバルモードは付属のACアダプターにて動作致します。
■シガーソケットアダプタや720用2芯電源ケーブルは利用出来ません。
※シガー電源を利用した場合、通常のドライブモードのみ動作。
ドライブレコーダー仕様表
2011/7/20発売
※個々のピント調整のため、厚みサイズはレンズ部分が若干変動致します。
免責事項:
本製品は全ての事故、もしくはトラブルの記録を保証するものではありません
。補助機材としてお使い下さい。


予期せぬ故障やトラブル、製品の破損などで録画出来ない場合、重要な映像が記録できない場合がありますので、予めご理解下さいませ。録画できない場合の損失に対しても一切の保証はありません。

■エンジンスタートをキー操作以外でコントロールする車種は、配線によっては正常に動作しない場合や悪影響を与える場合があります。
※アイドリングストップ、リモートエンジンスターターなど。

■ハイブリッド車や電気自動車は、利用状況によってはバッテリーが不足する場合があります。

■パソコンでのご利用は動作保証対象外です。
PCでのご観覧は、必ずパソコン再生環境をご確認下さい。


■高級ビデオ機材と比較されると画質などで、ご期待にそえない場面もあります。

■安心してお使いになるために■
○配線を固定する前に、必ず仮留で動作テストをして下さい。
ケーブル不良が起きましても、作業費用は当社では補填致しかねます。
○最初の設置、もしくは脱着した場合、動作確認のため一回エンジンキーを入れチェックして下さい。

■セキュリティモードが不要な場合■
バッテリーに不安があり、セキュリティモードを使いたく無い場合は、
電源ケーブルの常時電源用とACC信号用を、両方ACC電源ラインに接続して下さい。
今までのドライブマンとして動作します。

■セキュリティモードしか動かない場合■
配線ミスの可能性もあります。まずACCラインの通電を確認して下さい。
ACCが切れていると、セキュリティモードになります。

■配線ミスはバッテリー上がりの要因になります。
外車はディーラーでも間違うケースが多発していますので、十分ご注意下さいませ。
※外車のACC:エンジンキー連動で切れるラインと、全く切れないACCがあります。
必ず、連動して切れるACCラインに橙を繋げて下さい。



Page Top