DRIVEMAN1080sα INFORMATION
*
info_page
DRIVEMAN1080sα INFORMATION
ドライブマン1080sα(エス・アルファ)
ドライブレコーダードライブマン1080sα

小型セキュリティモデル&高画質45fps/2K対応のDriveman1080sα

直販サイトはこちら

ダウンロードはこちら

GPSビューワーのイメージ


ドライブマン1080sαの仕様
ドライブレコーダー1080sαの仕様
1080sα基本仕様
レンズ 3.0mm F2.0 固定焦点 ガラスレンズ6枚構成
解像度 2304x1296 (2K) / 1920x1080 フルハイビジョン (1080P) / 1280x720 ハイビジョン(720P)
画角 水平115度、垂直65度、対角135度
記録メディア マイクロSDHCカード Class10 / マイクロSDXCカード 64GBまで対応 ※1
記録フォーマット 動画:MOV/H.264 (Quicktime形式)/GPSデータ:nmea形式 / 静止画:JPEG形式
最大録画時間
(45fps/1080Pモード時)
64GB/約17時間、32GB/約8.5時間、16GB/約4時間、8GB/約1.5時間
 ※最大録画時間は映像の明るさで変動します。
 
フレームレート 全国LED信号対応 45fps / 関東LED信号対応 60fps/30fps
GPS アンテナ別売り ※装着後は時刻自動補正
Gセンサー 3軸衝撃センサー(3段階感度調整) / 衝撃検知時動画ファイル保護機能
LED信号対策
ファイル間ギャップ 0.05秒
セキュリティ機能 ○ 3時間/1秒1コマ撮影固定
保護ファイル 最大6シーン(古いシーンは削除します。)
ファイル単位 通常映像 1ファイル/5分単位、 セキュリティモード映像 1ファイル/約7分(3時間分)
電源遮断時の動作 ファイル強制保存後に録画停止、電源オフ
電源遮断時の電源 スーパーキャパシタ採用 ※強制保存用
動作温度 70度まで
パッケージ内容 本体、ブラケット+両面テープ、専用電源ケーブル(3芯タイプ、約3m長)+L字変換ケーブル、ミニHDMI、ACアダプタ+専用ケーブル、8GBマイクロSDカード、保証書兼取扱い説明書
別売り品 専用GPSセンサー、PLフィルター
サイズ 約77X54X31mm ※ブラケット部除く
製造 本体、付属品: 中国製 / 専用電源: 日本製
※1 :SDメディア不良が原因のトラブルを避けるためにも、1か月に1回は本体機能でフォーマットして下さい。

1080sα録画時間 ※フルハイビジョン
8GB 16GB 32GB 64GB
45fps 約90分 約4時間 約8時間50分 約17時間
1080sα録画時間 ※2K
8GB 16GB 32GB 64GB
30fps 約88分 約3時間弱 約6時間弱 約12時間弱
※昼夜の違いなど明るさで録画可能時間は変動致します。
撮影モード
2304x1296 (2K)  : 30fps
1920x1080 フルハイビジョン (1080P) : 45fps/30fps
1280x720 ハイビジョン(720P) : 60fps/30fps


※全国LED信号対応は1080Pの45fpsのみです。
詳細
■ドライブマン1080sαは人気のセキュリティモデルをさらに小型にしたドライブレコーダーです。
○2304x1296Pの2K高画質と、なめらか45fpsの1080Pフルハイビジョン画質、長く撮影できるハイビジョン720Pモードを採用。目的に合わせて選べます。
○走行中も常時液晶に撮影映像の表示が可能。
○アンバレラ製高速チップA7採用で夜に強い高画質。
※ナンバーの読み取りは明るさや速度、距離など撮影環境に左右されます。
○LED信号の同期消失現象に対策済み。

■1080sαの主な特徴
○小型化
○角度可変型ブラケット採用
○高画質2K300万画素対応モードや、フルハイビジョンでなめらか45fpsなど画質を向上。
○再生スピーカー内蔵
○録画中も液晶画面に常時映像の表示が可能
 ※HDMIケーブル経由は再生のみ
○720Pは60fpsのフレームレートもサポート

○PLフィルター対応。
○セキュリティモードは撮影モードに合わせて高画質化。
○セキュリティ機能はオートもしくは手動に設定可能。
○ショックセンサー搭載。最大6ファイルを保護。

○衝撃時の静止画像をマーカーとしての保存と該当動画へのジャンプ再生機能
○別売りのGPSアンテナ装着可能。


■Gセンサーで衝撃時に自動保存。
1ファイル1件として、6件分まで蓄積されます。6件以上は古い感知ファイルを削除し新しいファイルに置き換わります。
SD内の映像をパソコンで削除すると、衝撃感知のJPG映像とずれが出る場合がありますので、ドライブマンで削除するようにして下さい。
【注意】
事故などの場合にSDを抜く時は、必ず電源ボタンで電源を切ってから抜いて下さい。
動作中にいきなり抜くとSDの内容が壊れる可能性があります。


■静止画ジャンプ機能
たくさんある画像の中から事故時の映像を探すのは大変ですが、GSなら静止画から探して動画へジャンプ出来ます。
※フルハイビジョンサイズのJPEG静止画になります。
※ジャンプ機能は撮影SDを本体で見る場合のみ機能し、PC上では普通の静止画です。

駐車監視のセキュリティ機能搭載 ※特許取得済み
エンジン停止後も3時間1秒1コマでコマ撮り撮影をし1つの動画ファイルを作成します。
セキュリティ動画の再生は早送りに見えますので、コマ送りでご確認下さい。

■オプションのGPSアンテナでGPSデータも記録します。
速度、位置、3軸センサーの情報。
・GPSマップソフトは無償提供致しますので、ご自身でダウンロードして下さい。
・記録形式はNMEA0183センテンス
標準のnmea形式ですので、対応するMAPソフトであれば動作は致します。
例:RegistratorViewerなど。

NMEA0183形式の記録データの詳細は規格をお調べ下さい。技術規格のため一般レベルではご理解頂けませんので、説明は省かせて頂きます。

※GPS衛星の精度について:
GPSの精度は、民生用は最大で10メートル程度の誤差が元々あります。

記録:1秒に1回記録。
$GPRMC GPS情報
$GPGGA GPS情報
$GPGSA GPS情報
$GSENSOR 3軸センサーの情報。

免責事項:全てのトラブルの記録を保証するものではありません。また事故の証拠能力を保証する物ではありません。

ドライブマンシリーズゆずりの基本性能

LED信号機が消えない高性能
従来のドライブレコーダーの問題点である、LED式の交通信号機が同期して数秒消える問題を独自のフレームレートで解消しています。
※LED式信号機はその特性として点滅して撮影される場合や、色の識別ができない場合があります。それにより発生した損害については一切責任を負いません。

■ファイルギャップの解消
常時録画のため、映像はH.264 MOV方式で5分ファイルに区切って撮影順に多数のファイルで記録されます。
従来技術の他社ではファイルとファイルの書き込みギャップが1〜数秒必要でしたが、
この問題を新技術で解決しギャップは0.05秒以下と高性能です。

 ※1.5秒のギャップは時速60キロの場合、25mも進みます。
   0.05秒なら60キロの場合、0.8m。


■高画質の映像。
ドライブマンを自動車から外し、HDMIケーブルで家庭のフルハイビジョン対応テレビに繋ぐと、再生が高画質で楽しめます。

ファイル形式はPCで読み取り再生する事も可能なMov/H.264形式です。
汎用なので最新のPCであれば特別なソフトも無しで再生出来ます。
※ご利用のPCで再生出来ない場合は別途ソフトをご用意ください。
PCで見る場合、ソフトやハードの性能が低い場合は再生出来ない場合があります。
特に2K映像は解像度が高いので画面からはみ出す事があります。

TVへの接続方法はテレビの説明書(外部機器の接続)もご覧下さい。
※電源はαシリーズ専用ACアダプターをご利用下さい。

■非常に広角で、フロントガラスに広がる鮮やかな風景を記録!
広角のため周辺ほど歪みが出ますので文字が認識しずらい場面もあります。
事故でナンバーが読めなくても状況や車種を把握する情報としてご活用下さい。

■操作簡単
取扱いがシンプルで操作が簡単。
時計設定だけで、すぐ使用でき、操作ボタンはたった5か所。
画面にはその時に利用できるボタンに対応するコマンドが表示されます。

■ライブビュー機能
本体液晶画面に撮影映像を常時表示できます。
LCDへの1分後時計表示設定も可能。
※HDMI経由での録画モニタは出来ません。ケーブルを差した場合、再生画面に切り替わります。

■本体に簡易マイク/小型スピーカー内蔵。
本体で音声と映像が確認できます。マイクはモノラルです。
※簡易のため音質は車内の会話を判別できる程度の品質です。
オーディオ機器との比較はご容赦下さい。

■エンドレスで上書き録画。
※5分単位のファイルに分割保存し、容量一杯になった時点から上書き。

■映像記録はマイクロのSDHC/SDXCカードに保存されます。
8GBカード:約1.5時間
16GBカード:約4時間
32GBカード:約8.5時間
64GBカード:約17時間
※45fps時

■録画の諸注意
・上限64GBまで。撮影時間は環境によって変動します。
・古い映像は上書きされます。
・カードは高品質のメーカー製カードをご利用下さい。
・低品質や相性が悪い場合、動作が遅くなったり、動作しないなどの症状があります。カードが不良や寿命の場合、交換して下さい。特に大容量カードほど高品質が要求されます。
・カードが影響する誤動作は故障では無いため保証対象外です。
・安定した動作のためには、月に1回はメニュー画面からフォーマットをして下さい。
■FCC準拠の電波干渉対策。
※ノイズゼロという意味ではありませんので、電源ケーブルは影響を避けるため地デジなどのアンテナ線から離して下さい。
■日付、時刻表示。オンオフ可能。
○映像への時計記録のオンオフが可能。
○音声記録のオンオフが可能。
■時計精度:別売りGPS無しの場合は月差2分程度の誤差があります。
■電池発火を起因とする火災防止の為、スーパーキャパシタを採用した安全設計。
※電池は非搭載のため、GPS無しで1週間以上通電させないと時計が初期状態になります。
■電源が切れた場合は、最後の録画を保存し自動で停止致します。
■付属の装着用ブラケットでフロントガラスに固定します。
■電源には日本製のセキュリティモデル専用車載電源ケーブル(約3m長)。
■製品保証:本体 1年
※修理の際は保証書への捺印や納品書の日付が購入の証明となります。
■製造国:中国
ドライブレコーダー画角比較
※クリックすると実サイズになります。
解像度の比較サンプルです。実際にはハイビジョンやフルハイビジョンでも同じ画角になりますので、その分、粒が大きくなり細かい部分が潰れます。





※L字方向変換アダプタは4/10以降の正式販売分から付属です。
シガーソケット電源をご利用の場合はL時コネクタを使わなくても上向きに配線が出ます。
■下記のカートで弊社直販サイトでお求め出来ます。

免責事項:
本製品は全ての事故、もしくはトラブルの記録を保証するものではありません

■万が一、故障やトラブルで撮影出来ていない場合でも、損害などの補償はありません。
■LED式信号機はその特性として点滅して撮影される場合や、色の識別ができない場合があります。それにより発生した損害については一切責任を負いません。
エンジンスタートをACC連動のキー操作以外でコントロールする車種は、配線箇所によっては正常に動作しない場合や悪影響を与える場合があります。
※アイドリングストップ、リモートエンジンスターターなど。
■GPSマップソフトは無償提供のため、任意でご利用下さい。
■パソコンでのご利用は可能ですが、利用方法のサポートは致しかねます。
PCでのご観覧は、必ずパソコン再生環境をご確認下さい。

パソコン用モニターの場合、ドライブマンのHDMI信号を認識できない時は再起動する事があります。TV用でご確認下さい。
■高級ビデオ機材と比較されると画質などで、ご期待にそえない場面もあります。

■安心してお使いになるために■
配線を固定する前に、必ず仮留で動作テストをして下さい。
製品は全数検査を行っておりますが、装着後にケーブル不良が起きましても、作業費用は当社では補填致しかねます。
電源は必ずヒューズボックスから取得して下さい。
○最初の設置、もしくは脱着した場合、動作確認のため一回エンジンキーを入れチェックして下さい。
○マイクロSDカードは紛失しやすいのでご注意下さい。また定期的にフォーマットをして下さい。
○セキュリティモード作動のため、止まっている時も3時間は135ミリアンペア程度、セキュリティ撮影終了後も常時4ミリアンペア程度の暗電流が流れています。バッテリーが弱っているお車では、マニュアルに設定しセキュリティモードの使用はご自身で操作して下さい。

■セキュリティモードしか起動しない場合■
エンジンオンでもセキュリティが動作する場合は、配線ミスの疑いがあります。
設置当初は一度エンジンオンして録画動作を確認して下さい。

・ACCへ橙ラインが正しく配線されていますか?このトラブルのほとんどは端末処理が緩い場合がほとんどです。電源の故障の場合は過去にございません。
エレクトロタップは圧着が弱くて緩いままの場合があります。
圧着式の場合、見た目は圧着されていても、実際は緩くて線が簡単に抜ける場合があります。
・うまくいかない場合は、試しに橙と赤の線を両方ともACCに繋いでみて下さい。
この場合は共締めなので、常にACC連動でドライブモードのみ動作すれば電源ケーブルは正常に通電しています。確認したら赤だけを常時電源のラインに戻して下さい。
再び、エンジンオンで連動してドライブモードが動作するか確認します。エンジンオフでセキュリティモードも確認して下さい。

※注意:配線直後にキーオフの状態でも、電源のコネクタを本体に指すとセキュリティモードがいきなり動作します。一回キーをエンジンオンにしてドライブモードにしてからキーを切って下さい。切るとセキュリティモードが起動しますので、確認したら電源ボタンを押して電源を切って下さい。
以上で正常が確認された事になります。

■設定が変えられない場合■
セキュリティモード時は設定が変えられません。
エンジンをオンにして始まる通常録画をいったん止めてから設定を変えて下さい。

2015/4 新発売
 
法人仕様ドライブレコーダー「Driveman T1080sα」

1080αシリーズには法人仕様もございます。
基本性能は1080sαの一般用と同じですが、運行管理ソフトが利用頂けます。
地域によってはトラック協会などの助成金の対象となります。
詳しくは法人担当までお問い合わせ下さいませ。



Page Top